• 2012.11.04 Sunday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

気になるニュース
ジャイアンツが、ヤクルトのラミレス獲得に動いている、というニュースが飛び込んできた。

同じヤクルトのグライシンガーや横浜のクルーンあたりも獲得リストに入っているとかいないとか。来期に向けて補強をするのは当然、とナベツネ氏も公言しているので、何らかの動きはあると思っていましたが、時期は早いし、節操がない感じはするね、正直。

これらの話がどれだけ現実味があるのもなのかわからないが、タツノリが納得して出すオファーなら、私は納得する、というのが基本的なスタンスだ。たとえ異論があってもタツノリがそう決めたならそれでいい。

今期、小笠原と谷を獲得して、ヨシノブを1番にすえて成功したように、うまく機能するための獲得ならば、文句はない。また他球団のファンからは面白おかしくいろいろ言われるかもしれないが、本当にタツノリが必要だと思うなら、私はそれでいいと思っている。

もしこれが、またもやナベツネのゴリ押しによるものならば、納得はできないけれどね。またごたごたしてタツノリがやる気を失ってしまう、というようなことにならないように、くれぐれもナベツネ氏には慎重な言動をお願いしたい。

というか、ぶっちゃけた話、もうナベツネ氏には口を出さないでもらいたい、というのが本音だ。ジャイアンツを本当に愛しているなら、昔とは時代が違うんだっていうことを理解して現場に任せて欲しいね。ジャイアンツを愛する私も、あのオジイチャンだけは本当に困ったチャンだと思うよ。

ラミレスの話に戻すと、私的な希望を言えば、右打者はぜひ矢野を育ててもらいたいと思っている。スタメンでフルシーズン起用して欲しいと思っている。彼の勝負強さはもちろんだが、ああいう気迫を前面に出す選手には、ぜひ常にグラウンド上にいてほしいと思っているからだ。

ラミレスがもしジャイアンツに来たら、ポジションから考えてホリンズの替わりだろうから、また来期も矢野は代打になってしまう。今期、ラミレスの打撃はホリンズよりかなり上だったから、確実にフルシーズンスタメンだろうからね(ラミレスが来年も今年くらい活躍する、という前提だけど)。

そして、矢野以外にも育って欲しい選手は多いから、実績を出した30代半ばの外国人を獲得するならば、獲ってもいいけれど本当にしっかりしたヴィジョンの元に獲得して欲しい。ホリンズやゴンちゃんだって、最近の外国人(涙…悲惨な思い出しかない)のなかでは良い方だから、もうしばらく使ってみてもいいと思うんだけどね。

ラミレスは嫌いじゃない(というかキャラ的には結構好き)し、タツノリが本当に「日本一奪回」のために必要だと思って獲得に動くならそれでいいけれど…やっぱり矢野を使って欲しいな笑。まあ、タツノリに任せます。

しかし、いよいよこういう話が現実味をおびる季節になってきたね。今年はFAの大物が多いから、結構勢力図が変わるかもしれない。

ドラゴンズの福留はおそらくメジャーだろう。…まさか阪神ってことはないよな。でもPL出身だからな。いや、出身は九州だからソフトバンクっていう可能性もあるかもしれないね。あと、広島の新井の動向も、かなり気になる。右左もポジションも違うけど、福留が抜ける中日が獲得しちゃったりするとまた困ったことになるね(新井兄弟&堂上兄弟ってなったら珍しいかも)。新井は優勝を狙えるチームに行きたいって言っているみたいだから、阪神だったりするとこれもいやだなあ。

でも、FAで出て行かれるチームのファンにとっては、本当に辛いだろうと思う。特に広島は自前で若手を育てても、一流になると出て行ってしまう選手が多いから気の毒だ。強かった赤ヘル時代を知っている世代としては、なんとか育った若手でもう一度黄金期を…なんて、ライバルチームなのに思ってしまう。それくらい、広島は強かった。

そういった意味では、資金力があり、まだ知名度もそれなりにあり、優勝できるチームに復活してきたジャイアンツのファンは幸せかもしれない。メジャー以外では、日本の他チームに選手が流出してしまうということは、ほとんどないからね。おごっていてはダメだが、そういう環境にあることについては、素直に感謝したいといつも思う。

まあ移籍話については、現実になってからまた考えます。今言いたいことは「バランスを崩すのだけはやめてくれ」っていうことだけだね。堀内時代の悲惨な野球は、もう見たくない、二度とね。

たのむよ、タツノリ。
しっかり主張してくれよ。

“人気blogランキング”
↑応援よろしく御願いします!
  • 2012.11.04 Sunday
  • 00:49
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/10/24 9:08 AM, おGさん wrote:
今日も素人コメントさせてください。私が理想とする補強選手像は、ズバリ「チームの雰囲気を変えることができ、他のナインのお手本になれる選手」です。寡黙そうだが黙々とミートバッティングを大事にする谷、怪我に強く打てなかったときに本当に悔しそうな表情を見せる小笠原、打たれても打たれても言い分けせず翌日もマウンドに立つ豊田など、彼らの姿をナインはしっかりと見ていたと思います。今年高橋がペナント中長期離脱しなかったのも小笠原の存在があったからでしょう。上原が抑えで成功したのも豊田の存在があったからでしょう。こうやって考えると、清原、ローズ、ペタジーニといった暗黒時代のヒーローはいったい何を巨人のナインに教えてくれたのか?チームが個に走りバラバラになっただけではないのか?最近の野口、門倉はチームにいい風を送り込めたのか?私には疑問です。このシーズンオフでどのような補強をするのかわかりませんが、とにかくナインが一目をおくような「野球姿勢」を持った人を選んでほしいと思います。
2007/10/24 11:32 PM, 栗 wrote:
「打てるだけでは、駄目。投げるだけでは、駄目」…この一年の補強の「答え」だと思います。

まぁラミちゃんは明るさならもたらしてくれそうな気もしますが(笑)
私も矢野を推します。物凄く層の分厚い外野で、大卒下位で一軍控えにまで上り詰めたのですし、レギュラー奪取すれば後の選手のいい見本になり得ると思います。
現に上原も雑誌で「自分の状況を、今何をすべきかをきちんと理解している」と評していることからも、その力をある程度認められているようですし。
で、相手としてホリンズとかとか?不安定だった守備も、俊足強肩なので上手く鍛えれば可能でしょうし、北京にヨシノブが選出された場合の保険として上手く機能すれば尚更。
投手も現状維持でいい気がします。もちろん上原の代わりは?と聞かれると詰まってしまいますが(苦笑)
内海・ヒサ・金刃・木佐貫・(上原・野間口)で先発は何とかなるでしょうし、中継ぎ以降も左が手薄なものの、期待できる選手が出てきているみたいですし自前で間に合うような気がします。

評判の良い参考書買っても使いこなせずに山に埋もれてしまい結局意味を成さず、かえって昔から使っている参考書を極めた方が成績が伸びる、という感じで現状に適した補強をしなければ宝の持ち腐れになると思います。
とりあえず動向が楽しみですね…原さん、お願い。
2007/10/25 10:31 PM, BEAMS wrote:
これだけの選手がいるんだから後は使い用だと思うんですが・・ただどうしても補強したいんなら檻の村松はいかがでしょうか?外野守備・走塁は今だ衰えは見えず一線級。打つ方も三割近くは期待できますし、例え先発でなくても守備・走塁の切り札になります。はっきり言ってC.Sの巨人のランナーはカカシみたいにしかみえず制球に難のある中田にまったくプレッシャーをかけられず気持ち良く投げさせていました。李とかならともかく谷でもあれでは泣けてきます。ぶっちゃけアレなら来年も交流戦は頂きです。それはともかく藤村を育てる見本にもなりますよ
2007/10/26 10:47 AM, しん wrote:
そうですねぇ。ナベツネさんの「ジャイアンツが強くなければ」の思いは理解できるのですが、発言されるたびに、不快に思うことがたびたびです。シュウさんと同じで、口出しNGでおねがいしたいっす。
とはいえ、来季は上原が先発になるなら、ストッパーが誰なのかは気になるところです。できれば、ヤングジャイアンツの中から、出てきてほしいのだけど。
他には、このオフの体のケアについて、専門家から全選手にしっかりとレクチャーしてほしいですね。
開幕前に、期待していた選手が故障者リストに入るのは、ほんとにがっかりしますから。

2007/10/26 7:21 PM,  wrote:
>おGさん

おっしゃる通り、谷や小笠原がもたらしたものは、その成績以上に大きかったと私も思います。彼らは、能力は高いけれどジャイアンツの選手に欠けていた「姿勢」「取り組む気持ち」というものを示してくれました。ああいう選手がいてくれると、ファンとしても力が入ります。

キヨやローズ、ぺタは、まあ正直、何ももたらしてはいないでしょう。ただ「これではまずい」という危機感を球団にもファンにも与えてくれた、ということは認めてもいいですが。

やはり補強するなら、バランスを見た上で、技術もあり気持ちも強い選手が今のジャイアンツには一番必要なのだと思います!


>栗さん

そうですよね、ナベツネはあんなこと言ってますが、そんなに大きく手を入れる箇所は少ない気がします。

最も急務なのは、来期先発に戻るであろう上原のかわりになる抑えを誰にするか、ということだと思いますが、仮にクルーンあたりをとってきても正直実力的に微妙だと(私は)思っているので、それだったら若いピッチャーを育てるほうがいいですね。来期急に若手を使うのが厳しいのであれば、林、西村、野間口あたりにもう1年がんばってもらって、その間に深町やオビスポあたりをなんとか…っていう方向性で育成して欲しい。

若い選手をきっちり育てられないと、もう昔とは時代が違いますから、有望な選手がジャイアンツに入ってこなくなってしまいます。そのあたり、わかっているんでしょうかナベツネ氏は…。


>BEAMSさん

コメントありがとうございます。
走塁の件、日ハムのファンにそう言われると、返す言葉がありません(涙)。実際中日にも、塁上からのプレッシャーは全くかけられませんでしたから。

オリックスの村松選手のことはあまりよく知らないんですが、たしかに今までのジャイアンツが最も目をつけないタイプの選手である気がします。

藤村のようなタイプを獲得し始めたのはここ数年のことですから、ジャイアンツもようやく育成のヴィジョンを持ってチームに足りないものを補強する形にはなってきてはいるんですが、当面は現メンバー中心に戦うわけですから、やはり走塁面の向上は欠かせないですね。来期は伊原コーチがさらに「1つでも先の塁をとる」意識を浸透させてくれることを信じます!


>しんさん

ナベツネ氏は、あれで「何とかしたい」という気持ちに嘘はないところが困るんですよね。本気で何とかしようという気持ち自体は良いんですが、その方法が間違っている。育てようという意識は皆無のようですからね〜。困ったものです。

ストッパーについては、私もしんさんと全く同意見で、やはりジャイアンツのイキのいい若手に担ってもらいたいです、抑えきるたびに派手なガッツポーズを見せてくれるような、気迫が前面に出る選手であればなおさらOKですね!

選手のケガも気になりますね。今期も終盤は、どの選手もどこかしら傷めたままプレイしていましたから。五輪の予選等もありますが、オフはしっかりケアして来期に備えて欲しいです。
Add a comment:









Trackback:
http://neuchihyouka.jugem.jp/trackback/295
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
考察系ENTRY
FAVORITES
ACCESS
無料カウンター
CATEGORY
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.