• 2012.11.04 Sunday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

日本一
 とった。

日本一。

取り返した。

いやあ、飲みすぎた笑。
G党の皆さん、飲んでますか。
多分みなさん、二日酔いですね笑

昨日の夜も、今日も酒だ。
そして、今、この記事を書いている。

感無量である。

やはり、最後に決めたのは、阿部だった。
ありがとう、阿部。
4点目のタイムリーもそうだが、沢村の頭を叩いたのも、大ファインプレイだ。

これぞキャプテン。

加藤も色々言われた。

そしてオレも色々思うところはある(もちろん加藤に対する否定的な思いは全くないけどね)。
しかし野球は審判のジャッジが全てである。
あれはあれでひとつの終わったこと、結果である。
なんの曇りもない。

いやあ、うれしいな。

開幕の時はどうなるかと思ったけれど、予定通りまず、復活の日本一を実現してくれた。
あとは、これを続けていくことだ。

まあ、できるだろう。
いや、やってもらわなければ困るぞ。

こいよ、黄金時代。

「ジャイアンツは強い」

G党も他チームファンもそう唸るしかないチームへ。

がんばれ、ジャイアンツ。

ああ、最高だ笑。
菅野…!!

あれから一年経った。

ようやく菅野が、ジャイアンツの一員となった。

めでたい。
めでたいぞ。

まあ、相も変わらず、やんややんや言う人たちもいるだろうが、気にせず頑張ってもらいたい。プロだから、結果を出して黙らせるしかない。

君ならできる。

今でも、すごいボールを投げている(らしい。実際に見たことはないけど)ということだから、あとは試合勘だな。

まずは、澤村、宮國とともに、ジャイアンツを背負う右腕となって、切磋琢磨してもらいたい。ベテランの杉内、内海はもちろんだが、若い高木京、田原、笠原、小山あたりと成長比べをしてもらいたい。

すごいではないか。

もう2、3年後には、投手王国となっているジャイアンツが目に浮かぶようではないか。

もちろん、投手に偏っているわけではない。即戦力だけにこだわっているわけでもない。もう、大艦巨砲主義の時代ではないのである。

今日のドラフトで、大累や辻を指名していることからも、数年後を見据えていることがわかる。5位の坂口は大学生だが、もっと先の成功がありそうな「未完」の大器、楽しみである。

まあ、とにかく。

よかったな。

菅野よ。

君も言っていたが、勝負はこれからだ。
試合勘を取り戻し、1軍に上がらなければ話にならない。

澤村と菅野がビュンビュン競い合って投げる姿が目に浮かぶ。
もう、孫を見る親のようだな(笑)。

がんばれよ、菅野。

がんばれ、ジャイアンツ。

来たきた。

いやあ、来ましたね。

まあ、CSでのジャイアンツはスロースターターだから、2連敗はあるかなと思っていたよ。3連敗はちょっと焦ったけどね笑。

まあ、しかし、予定通りだな。

ここでドラゴンズに負けるわけにはいかないよ。
まあ、負けないけどな。

ハッハッハ。

いい気分である。

G党の皆さん。
飲んでますか。

琉球さん。
飲んでますか。

当然、飲んでますよね笑。
もちろん、オレも飲んでます!

いやあ、いい気分ではないですか。

次は日本シリーズで勝つ。
久しぶりな気がしてしまう。

思い出す。

日本シリーズ2009、ハム戦での、亀井、阿部の一発。

たまんないねえ。
しびれるねえ。

あの興奮を、また味わえる。

こんな幸せがあるだろうか。
野球がある幸せ。
日本シリーズまで、野球を楽しめる幸せ。

セ、パ、ともに優勝チームが戦う、正しい日本シリーズ。
まさに、最強チーム決定戦。

相手は日ハム。
ハムファンの皆さまへ。

いい試合をしようではないか。
ドキドキしようではないか。

しかし、言っておく。

ジャイアンツは強いぜ。
バンバン打っちゃうぜ。
調子に乗ったジャイアンツはイヤんなるほど強いぜ。

3連勝で勝ち上がったジャイアンツ。
怒涛の勢いで押し切る。

見ておれよ。

うれしいねえ。

たまんないねえ。

勝つぞ。

日本一になるぞ。

がんばれ、ジャイアンツ。

祝優勝!
いやあ、飲んじまったなあ。
明日、休みだからいいよなあ。

圧倒的な強さで、優勝。

まあ、予定通りだな。
まだ、ここは、通過点だがな。
目標は、当然の如く、日本一だ。

しかし。

最高の気分である。
長いリーグ戦で独走。
最強の証明である。

ビールかけでの村田は、嬉しそうだったなあ。
矢野のハッチャケぶりも、笑った。

帰ってきてG+ビールかけの録画を見ながら、
ジャイアンツの皆と一緒に飲んだことは言うまでもない。

内海も大人になってきた。
もう、十分大人の年だけどな笑。
杉内加入がいい効果を生んだ。

高木京も田原も、頑張ったなあ。
この二人がいなかったら、ここまで独走はなかった。

山口と西村は、このくらいはやるさ。
わかっていた。

長野。
本当に、ジャイアンツにこだわってくれてありがとう。
打撃も、守備も、脚もある。

勇人もすげえなあ。
改めて言おう。
坂本勇人は本物である。
今後10数年にわたって、主軸を打ち続ける選手である。

そして、阿部。
今の打撃はヤバイだろ。
オレは40年近く巨人ファンをしているが、今の阿部は史上最強だ。
まちがいない。

うれしいねえ。

タツノリの笑顔は最高だ。

オレは好きなんだよ。
原辰徳が。

藤田監督がドラフトで引き当てた時から、ずっとだ。

津田のボールをファールして骨折した時も。
クロマティが敬遠されたあと、満塁弾をぶち込んだ時も。
神宮でバットを放り投げた時も。
第一次政権最後、甲子園で星野監督と抱き合ってた時も。
WBCを勝った時も。

ずっとだ。

そのタツノリが、胴上げを・・・

いや、泣ける。
泣くぞ。

酔ってるが笑。
泣く。
しみじみと。

G党の皆さん。

泣け。

そして、飲もうじゃないか。
泣きながら飲もうじゃないか。
そして、笑おう。

次も、その次も。

ありがとう、ジャイアンツ。

がんばれ、ジャイアンツ。
9連勝

驚くことはない。

これが本来の姿だ。

開幕当初も、打撃陣が打てないだけで、投手陣は抑えていた。今だって防御率はリーグTOPである。

そして今は、打線もつながっている。

大技から小技まで。

ホームランとスクイズ。

村田の1発と、石井のスクイズ。

ヨシノブの満塁弾と、勇人のスクイズ。

まだ100試合以上を残して、首位ドラゴンズに1ゲーム差だ。

もちろん安心はできない。

まだリーグ戦は序盤だ。

そして、今年の目標は、日本一だからである。

リーグ制覇は過程なのである。

しかし。

杉内の頼もしさ。

刺激を受けた内海の気合。

澤村の躍動感。

この3人で50勝してしまうのではないか。

あとは、宮圀が10勝。

ホールトンが10勝(こんなもなじゃなかろうか笑)

中継ぎ陣が計7勝。

これで77勝だ。

77勝57敗10分、貯金20で優勝…まあ、まだ早いけど笑。

開幕時、どれだけジャイアンツがしょぼくても心配することはなかったのである。

ドラゴンズはたしかに強いが、全盛期を超えた選手から若手への代替わりを迫られている。

岩瀬も、一時期のような凄さはないし、浅尾も去年ほどではない。

おそらく、6月が終わるころにはジャイアンツが首位に立ち、そのままぶっちぎりで優勝するだろう。

これは希望的観測ではない。

現実に基づいた事実から推測しているのである。

まあ、多少のバイアスがかかっていることは良しとしてくれ。

おれはジャイアンツファンなのだからな。

もう40年近くジャイアンツを応援しているオレが、なぜジャイアンツにとってイケてないエントリを書かねばならないのだ。

おれは楽しむために記事を書いている。

最高の、酒の肴。

生活の、肴。

突っ走れ。

がんばれ、ジャイアンツ。



“人気blogランキング”

CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
考察系ENTRY
FAVORITES
ACCESS
無料カウンター
CATEGORY
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.