• 2012.11.04 Sunday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

日本一
 とった。

日本一。

取り返した。

いやあ、飲みすぎた笑。
G党の皆さん、飲んでますか。
多分みなさん、二日酔いですね笑

昨日の夜も、今日も酒だ。
そして、今、この記事を書いている。

感無量である。

やはり、最後に決めたのは、阿部だった。
ありがとう、阿部。
4点目のタイムリーもそうだが、沢村の頭を叩いたのも、大ファインプレイだ。

これぞキャプテン。

加藤も色々言われた。

そしてオレも色々思うところはある(もちろん加藤に対する否定的な思いは全くないけどね)。
しかし野球は審判のジャッジが全てである。
あれはあれでひとつの終わったこと、結果である。
なんの曇りもない。

いやあ、うれしいな。

開幕の時はどうなるかと思ったけれど、予定通りまず、復活の日本一を実現してくれた。
あとは、これを続けていくことだ。

まあ、できるだろう。
いや、やってもらわなければ困るぞ。

こいよ、黄金時代。

「ジャイアンツは強い」

G党も他チームファンもそう唸るしかないチームへ。

がんばれ、ジャイアンツ。

ああ、最高だ笑。
菅野…!!

あれから一年経った。

ようやく菅野が、ジャイアンツの一員となった。

めでたい。
めでたいぞ。

まあ、相も変わらず、やんややんや言う人たちもいるだろうが、気にせず頑張ってもらいたい。プロだから、結果を出して黙らせるしかない。

君ならできる。

今でも、すごいボールを投げている(らしい。実際に見たことはないけど)ということだから、あとは試合勘だな。

まずは、澤村、宮國とともに、ジャイアンツを背負う右腕となって、切磋琢磨してもらいたい。ベテランの杉内、内海はもちろんだが、若い高木京、田原、笠原、小山あたりと成長比べをしてもらいたい。

すごいではないか。

もう2、3年後には、投手王国となっているジャイアンツが目に浮かぶようではないか。

もちろん、投手に偏っているわけではない。即戦力だけにこだわっているわけでもない。もう、大艦巨砲主義の時代ではないのである。

今日のドラフトで、大累や辻を指名していることからも、数年後を見据えていることがわかる。5位の坂口は大学生だが、もっと先の成功がありそうな「未完」の大器、楽しみである。

まあ、とにかく。

よかったな。

菅野よ。

君も言っていたが、勝負はこれからだ。
試合勘を取り戻し、1軍に上がらなければ話にならない。

澤村と菅野がビュンビュン競い合って投げる姿が目に浮かぶ。
もう、孫を見る親のようだな(笑)。

がんばれよ、菅野。

がんばれ、ジャイアンツ。

来たきた。

いやあ、来ましたね。

まあ、CSでのジャイアンツはスロースターターだから、2連敗はあるかなと思っていたよ。3連敗はちょっと焦ったけどね笑。

まあ、しかし、予定通りだな。

ここでドラゴンズに負けるわけにはいかないよ。
まあ、負けないけどな。

ハッハッハ。

いい気分である。

G党の皆さん。
飲んでますか。

琉球さん。
飲んでますか。

当然、飲んでますよね笑。
もちろん、オレも飲んでます!

いやあ、いい気分ではないですか。

次は日本シリーズで勝つ。
久しぶりな気がしてしまう。

思い出す。

日本シリーズ2009、ハム戦での、亀井、阿部の一発。

たまんないねえ。
しびれるねえ。

あの興奮を、また味わえる。

こんな幸せがあるだろうか。
野球がある幸せ。
日本シリーズまで、野球を楽しめる幸せ。

セ、パ、ともに優勝チームが戦う、正しい日本シリーズ。
まさに、最強チーム決定戦。

相手は日ハム。
ハムファンの皆さまへ。

いい試合をしようではないか。
ドキドキしようではないか。

しかし、言っておく。

ジャイアンツは強いぜ。
バンバン打っちゃうぜ。
調子に乗ったジャイアンツはイヤんなるほど強いぜ。

3連勝で勝ち上がったジャイアンツ。
怒涛の勢いで押し切る。

見ておれよ。

うれしいねえ。

たまんないねえ。

勝つぞ。

日本一になるぞ。

がんばれ、ジャイアンツ。

祝優勝!
いやあ、飲んじまったなあ。
明日、休みだからいいよなあ。

圧倒的な強さで、優勝。

まあ、予定通りだな。
まだ、ここは、通過点だがな。
目標は、当然の如く、日本一だ。

しかし。

最高の気分である。
長いリーグ戦で独走。
最強の証明である。

ビールかけでの村田は、嬉しそうだったなあ。
矢野のハッチャケぶりも、笑った。

帰ってきてG+ビールかけの録画を見ながら、
ジャイアンツの皆と一緒に飲んだことは言うまでもない。

内海も大人になってきた。
もう、十分大人の年だけどな笑。
杉内加入がいい効果を生んだ。

高木京も田原も、頑張ったなあ。
この二人がいなかったら、ここまで独走はなかった。

山口と西村は、このくらいはやるさ。
わかっていた。

長野。
本当に、ジャイアンツにこだわってくれてありがとう。
打撃も、守備も、脚もある。

勇人もすげえなあ。
改めて言おう。
坂本勇人は本物である。
今後10数年にわたって、主軸を打ち続ける選手である。

そして、阿部。
今の打撃はヤバイだろ。
オレは40年近く巨人ファンをしているが、今の阿部は史上最強だ。
まちがいない。

うれしいねえ。

タツノリの笑顔は最高だ。

オレは好きなんだよ。
原辰徳が。

藤田監督がドラフトで引き当てた時から、ずっとだ。

津田のボールをファールして骨折した時も。
クロマティが敬遠されたあと、満塁弾をぶち込んだ時も。
神宮でバットを放り投げた時も。
第一次政権最後、甲子園で星野監督と抱き合ってた時も。
WBCを勝った時も。

ずっとだ。

そのタツノリが、胴上げを・・・

いや、泣ける。
泣くぞ。

酔ってるが笑。
泣く。
しみじみと。

G党の皆さん。

泣け。

そして、飲もうじゃないか。
泣きながら飲もうじゃないか。
そして、笑おう。

次も、その次も。

ありがとう、ジャイアンツ。

がんばれ、ジャイアンツ。
9連勝

驚くことはない。

これが本来の姿だ。

開幕当初も、打撃陣が打てないだけで、投手陣は抑えていた。今だって防御率はリーグTOPである。

そして今は、打線もつながっている。

大技から小技まで。

ホームランとスクイズ。

村田の1発と、石井のスクイズ。

ヨシノブの満塁弾と、勇人のスクイズ。

まだ100試合以上を残して、首位ドラゴンズに1ゲーム差だ。

もちろん安心はできない。

まだリーグ戦は序盤だ。

そして、今年の目標は、日本一だからである。

リーグ制覇は過程なのである。

しかし。

杉内の頼もしさ。

刺激を受けた内海の気合。

澤村の躍動感。

この3人で50勝してしまうのではないか。

あとは、宮圀が10勝。

ホールトンが10勝(こんなもなじゃなかろうか笑)

中継ぎ陣が計7勝。

これで77勝だ。

77勝57敗10分、貯金20で優勝…まあ、まだ早いけど笑。

開幕時、どれだけジャイアンツがしょぼくても心配することはなかったのである。

ドラゴンズはたしかに強いが、全盛期を超えた選手から若手への代替わりを迫られている。

岩瀬も、一時期のような凄さはないし、浅尾も去年ほどではない。

おそらく、6月が終わるころにはジャイアンツが首位に立ち、そのままぶっちぎりで優勝するだろう。

これは希望的観測ではない。

現実に基づいた事実から推測しているのである。

まあ、多少のバイアスがかかっていることは良しとしてくれ。

おれはジャイアンツファンなのだからな。

もう40年近くジャイアンツを応援しているオレが、なぜジャイアンツにとってイケてないエントリを書かねばならないのだ。

おれは楽しむために記事を書いている。

最高の、酒の肴。

生活の、肴。

突っ走れ。

がんばれ、ジャイアンツ。



“人気blogランキング”

2勝目

今日は気分よく試合が見られたね。

宮国は初先発とは思えない落ち着きだった。

失点した時は多少バタバタしたけれど、1失点でしのいだところに意味がある。

ストレートは145,6キロだけど、変化球がいいね。

あの緩いカーブは大きな武器になる。


打線もようやく目を覚ましたか。

まだ満開とは言えないけれど、変な重圧は、少しは減っただろう。

相変わらず勇人が低めのボール球をクルクル空振りしているのは気になるが。

遠いボールには、完全に目が離れちゃってるな。

勇人の満開は、まだ先か。


まあ、いい。

これで少しは変わってくるはずだ。

先発陣は頑張っているのだから、打線が打ち始めれば勝てる。

まだたった9試合。

これからだ。

反撃を開始する。

がんばれ、ジャイアンツ。



“人気blogランキング”

1勝4敗
 さて。

我がジャイアンツは開幕以降、貧打にあえいでいる。

この5試合で、1勝4敗、得点8、失点18。

まあ、普通に考えたらこれでは勝てない。

たしかにオープン戦から打てていなかった。

開幕に合わせたような、朝日新聞の記事も、選手に全く影響を与えていないかと言えば、そうは言えないだろう。

新聞社は、完全に終わってるな。くだらない。くだらなさすぎる。

まあ読売もだけど笑。


試合を見ていても、ちっとも楽しくない。

今日の試合だって、1番坂本、2番ボウカ―、3番長野、の3人で9三振だよ。

普通に考えたらありえない数字だ。


だがな。

まだたった5試合だ。

144試合あるうちの5試合だ。

ガタガタいうな。

これくらい、どうってことない。

ジャイアンツには、そもそもいろいろな敵が多いのである。

しかし、それをいずれ打ち破ってしまうのである。


選手たちは、大変だろう。

当然ではあるが、明るい表情は見えない。

タツノリもそうだ。


しかしな。

オレはなあ。

前にも書いたことがあるが、こういう状況になればなるほど、選手が、タツノリが、ジャイアンツというチームが、いとおしくなってしまうのである。

たまらなく応援したくなってしまうのである。

困った性分だ。


オレはなぜこんな時間にエントリを書いているのか。

18時の試合開始に合わせて、なんとか仕事を終えて帰ってきたのだ。

今年のゴンちゃんはどうだろうかと、期待してテレビをつけたのだ。


それがこのざまだ。

いや、ゴンちゃんはがんばった。

というか、先発陣は頑張っている。

ゴンちゃんも、ホールトンも、それなりに頑張った。

杉内の粘りも素晴らしかった。


つまり、原因は一つ。

「打てない」

ということだ。


だから、試合終了と同時に・・・・

いや違うな。

9回裏、丸の打球がライト前に落ちたのを見た瞬間に、テレビを消して、新宿に飲みに出たのだ。

そしてこんな時間に帰ってきて、今、エントリを書いている。

しょぼい負け方をしたのに、どんどん筆が進むなあ。


そうだ。

オレはジャイアンツを愛しているからだ。

どれだけボッコボコにされようと、どれだけ打てなかろうと。

好きなものは好きなのである。


大丈夫。

そのうち上がってくる。

ボウカ―が打てなくても、大田が。

先発が勝てなくても、宮国が。

勇人だって。

長野だって。


待てばいいのである。

5チームと一巡した時に、借金が2、3つになっていれば十分だ。

できれば五分にしたいけどな笑。


とにかく。

待つのである。

勇人が、長野が、村田が、メッチャクチャに打ちまくるのを。

内海が、沢村が、ホールトンが、ギッチギチに相手を抑え込むのを。


待とう。

がんばるのだ。

たのむぞ。


がんばれ、ジャイアンツ。。


“人気blogランキング”

今年も終わり

今年も残すところあと2日。

早いね。

今シーズンは、正直、あんまり野球を見ていない。

したがって、ほとんど更新もできなかった。

理由は簡単、野球が

「面白くなかった」

からだ。

ジャイアンツが失速した、ということもある。

しかし、最大の要因は、統一球になじめなかったということだ。

統一球2年目になる来年は、打撃陣は進化するのだろうか。

もうちょっと打てないと、やはりつまらない。

まあ更新が滞ったのは、オレの不精さが出てしまっただけなんだけれど笑。

いぜれにせよ、ボールは変わらないようだから、選手たちが慣れていって、以前に近い打撃を見せてくれるように期待しよう。

今まで同様超不定期更新になると思いますが来年もよろしくお願いします。

よいお年を。

がんばれ、ジャイアンツ。


“人気blogランキング”

マイケル西武へ、大村ロッテへ

「G選手の移籍動向」2011.12.23
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「入団」
杉内(SB→)
ホールトン(SB→)
村田(横浜→)
石井義(西武→)
中谷(楽天→)
マシソン

※獲得可能性有
ボーカー

「戦力外」
紺田(→日ハム)、マイケル(→西武)、グライシンガー(→ロッテ)
ライアル、黄志龍、中里、上野、フィールズ、トーレス、アルバラデホ

「退団」
ラミレス(→横浜)
高橋信(→オリックス)
鶴岡(→横浜)
大村(→ロッテ)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
予想通りの動き方だね。
絶好調のマイケルをジャイアンツでは見られなかったことは残念だけど、その分西武でがんばってほしい。


“人気blogランキング”

杉内の背番号は18

正式に杉内がジャイアンツ入りを表明し、入団が決定した。

めでたい。
もろ手を挙げて、歓迎する。

涙の会見を見て、人が発する言葉の重みを、それも立場のある人間の発する言葉の重さを、改めて痛感した。初めて彼の思いを知った。お金の問題だけではなかったということだ。

元ソフトバンク取締役の小林至氏は、我々の世代にとってはなかなか感慨深い名前である。東大からロッテに入団した選手は、球団幹部になっていた。その彼と杉内とのやり取りが実際にどういうものだったかはわからないが、球団幹部の言葉が与えた影響は大きかったということだろう。

まあ、いい。
もう、終わったことだ。

ソフトバンク時代には、いろいろなことがあったのかもしれない。しかし、これからはジャイアンツの一員として、いや、エースとして、支柱として、チームを引っ張っていってほしい。

杉内がつける背番号は18である。言うまでもなく、エースナンバーである。堀内恒夫が、そして私の愛する桑田真澄がつけていた背番号である。その番号が、杉内に受け継がれた。

杉内は、間違いなく、球界屈指の左投手である。ゆっくりとした始動から、「ヒュッ」と速いボールを投げる投球フォームは球持ちもよく、安定感抜群である。セリーグでも確実に好投するだろう。私は、右と左の違いはあるが、上原クラスの活躍を確信している。

背番号「18」も違和感はない。もちろん、生え抜きの投手で「18」を背負える投手が出てきてほしかった。しかし、最近のジャイアンツには、そこまでの絶対的エースはいなかったのである。桑田真澄以来、私が「ジャイアンツの絶対的エース」と自信を持って言えるのは、上原浩治だけである。つまりそれだけ、18番を背負える投手が出現しなかった、ということでもある。

右では澤村はその候補筆頭だろう。澤村はいずれ、「エースナンバー」といわれる背番号を背負うことになる投手である。

そしてもちろん左のエースとして、内海がいる。今季はよく頑張った。最多勝は立派だ。防御率も文句ない。

しかし。

内海を絶対的エース、と呼ぶには何かが足りないのである。何が足りないのか、言葉にするのは難しい。しかしあえて言葉にすれば、「精神的支柱となりうる、ゆるぎない強さ」ということだろうか。

内海は人が良すぎるのである。素直すぎるのである。思ったことをそのまま口に出してしまうのである。

もちろんそのことは、一人の人間としては愛すべき資質である。私だって内海のキャラクターは大好きだ。ヒーローインタビューなど見ていると、ついニコニコしてしまう。

しかしそのことと、エース足りうる資質は一致しない。

残念ながら引退となってしまったが、工藤公康という投手がいる。彼は、まぎれもなく、「絶対的エース」と呼べる選手であった。工藤も若いころは、どちらかといえばオチャラケたキャラであった。若い時の工藤から、今の彼を想像することは難しい。しかし様々な経験を経て、重厚感のある、球界の中心的存在へと変貌していった。

杉内には、その資質があると私は思うのである。

杉内の気持ちの強さは半端なものではない。マウンド上であからさまに表に出すタイプでもないが、マウンドを降りるとき、ベンチに帰った後、彼の表情を見ればわかることだ。「静かに燃える強さ」とでも言おうか。清原和博の引退試合での全球ストレート勝負は、我々野球ファンの胸を熱くさせてくれた。

おっさんである私は、杉内を鹿児島実業時代から見ているが、高校時代から感じさせた落ち着きに、「燃える強さ」がうまく加わっている。そして今回、「チームを替わる」、それも大きな気持ちの揺れを経験した上でチームを替わる、という人間として大きな経験をした。この経験は、間違いなく彼を、さらに一回り成長させるはずだ。人間としての重みを、彼にもたらすはずだ。

だから、期待しよう。

「生え抜きではないから18番はやはり似合わない」

と我々に言わせることがないようなものすごい活躍を、期待しよう。
移籍1年目からの圧倒的な活躍を。

やってくれると信じる。
たのむぜ、杉内。

そして、内海よ。

杉内という最高のライバルを得たのだ。
「教えを請う」なんて言うんじゃないぞ。
本当のエースになれる機会が、めぐってきたのだ。
毎年のように、2人でタイトルを争うのだ。

2人で競って、争って、勝って、最高の投手になれ。
ジャイアンツの絶対的エースに、なれ。

やるのだ、内海よ。
君自身がさらに成長する最高の機会だ。

いやいや。

楽しみだなあ。

早くも来季のシーズンインが待ち遠しいよ。

がんばれ、ジャイアンツ。


“人気blogランキング”

CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
考察系ENTRY
FAVORITES
ACCESS
無料カウンター
CATEGORY
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.